秘書のお仕事にハマった愛知移民

勝手に秘書に任命され、泣きながら始めたものの、いつの間にか秘書の仕事にどっぷり。ただ今後、担当者として会社の本業に深く関わるお仕事をしてみたかったので、2015年6月、ボスの引退とともに秘書業を卒業しました。これから秘書になりたい人や、突然秘書になれと命令された人のために、秘書の仕事で得たものを書き残します。ちなみに手土産になるお菓子リサーチは、もはや趣味でやるノリになってしまったので、今後もゆるゆる続くと思われます。気が向いたら紹介していきます~

親指のネイルで第一印象の点数を稼ぐ

秘書の印象は、ボスの印象に影響すると言われます。第一印象を覆すのは難しいともいわれますので、秘書として第一印象は大事にしたいところ。もちろん、秘書でなくても、ビジネスや恋愛など、一般的に第一印象は大事です。

他人に与える印象で気をつけるべきところは、表情や話し方、立ち振る舞いだと言われます。

あと、初対面だと名刺交換することが多いですよね。ズバリ指先、特に親指と人指し指が目立ちます。第一印象の一つです。

※ツメのお手入れがなされていなくて、印象最悪な例
f:id:synapse9:20151120165437j:image

名刺交換のとき指先まで綺麗であれば、エレガントなイメージを印象づけることができるでしょうし、手入れしていない状態であれば、ガサツなイメージを持たれます。

名刺交換でなくても、書類やモノの受け渡しでは、必ず指先が目立ちます。せっかく両手で美しく丁寧に渡しても、指先が綺麗でなければ、効果半減。

爪のお手入れは楽しいけど、面倒なときもある。綺麗に仕上がった直後は、何となく気分が良くなりますが、自分でうまくできなかったり、サロンに通うのが面倒だったりもします。

私はモノグサなので、持ちの良さが何よりも大事。プロの施すジェルネイルだと伸びてなくなるまで全く剥がれないし、しかも根元は透明なデザインにすると、ツメが伸びてきても違和感が少ないです。(とはいえ、上の写真ほど伸びてくると、そのままで出社してはいけません…)

f:id:synapse9:20160606075146j:image
ちょっとのびたくらいだと、違和感ないです。


名古屋には、3千円以下の価格であっても、爪の形を整えて甘皮の手入れをした上にジェルネイルの施術をしてくれるところもあります。オフ代も無料でした。大手はすごい。

一時期、ジェルネイルキットを買ってセルフにも挑戦したのですが、私の場合は下手くそなのか、自分でやると1週間で浮いてきて剥がれてしまいました。毎週手直しをすることを考えると、3千円以下の値段でやってもらえるならお任せした方がいいと諦め、今はサロンに通っています。

ただ、ジェルネイルだとプックリ厚みがあるので、期間が経つにつれ、やっぱり地爪との段差は気になってくるところ。

美しさを考えると2〜3週間でオフして新しく塗り直すのが理想的なのは知っているけど、回数が増えると出費はかさむし、サロンまで遠いと行くのが億劫だし、こまめに薬剤でオフを繰り返すと爪に悪そうですし、実際は難しいです。

※ジェルが浮かず剥がれず健やかに伸びゆくツメ(サロン施術後、1ヶ月半)
f:id:synapse9:20151120170415j:image
ここまでなったら、いい加減サロン行けって話なんですけれどもね。でも、行けないときだってありますよね。

で、サロンに行く日までのつなぎとして、私のお気に入りは、エテュセのジェルトップコート。ドラッグストアのお姉さんが売れ筋ですよって勧めてくれました。
f:id:synapse9:20151112000921j:image
塗るとジェルネイルのように厚みが出てツヤツヤになるのに、光で硬化させなくても短時間で乾くすごいやつ。これを塗って段差をならすと、段差がほとんど目立たなくなります。

ごまかし技。

ネイルが許されている秘書さんなら、自然で清潔感のある色が理想的。

実は、年配の方からは特に、お茶にネイルの一部やストーンが入りそう…と思われる可能性がありますので、ネイル自体あまり望ましくはないです。

何か塗るなら、年代や性別に関わらず、見た人すべてが美しい指先だな、と感じるような無難な色味と上品でシンプルなデザインにしておくのが良いです。シンプルなデザインだと自分でやるにも簡単だし、サロンの値段も安いので、かえって好都合。

ジェルをお休みしている間のマニキュアは、こちらがオススメ。
f:id:synapse9:20151205135715j:imagef:id:synapse9:20151205135707j:image f:id:synapse9:20151205131527j:image
ベージュだと、上品かつ親しみやすい印象です。中でも明るめの色味を選ぶと肌の色も綺麗に見えます。(コフレドール OR-44)
ベースとトップにマキアージュを使うと、早く乾くし仕上がりがキラキラです。

時間に余裕がない人や爪に塗ることが禁止という場合は、爪を短く整え、磨いておくとよいと思います。親指は特に重点的に。

最後に注意点ですが、ジェルが浮いたり剥がれかけたりしている場合は、上から塗ってごまかすのではなく、きちんとオフしましょう。間に水分が入ると、カビが発生してツメが緑色になるそうです。

本日は以上です。